無駄な金利をかけずに借りる方法とは?

お金を借りるには、どうしても金利を払わなくてはいけません。

金利はいわゆる無担保、無保証でお金を貸すためのリスクをなくし利益を出すためのもの。

借りる側にとって金利は、返済の負担となるものです。

当サイトは無駄な金利を限りなく払わなくてよい借入を促進しています。
とりあえず考えるのが、金利を払わずに借りる方法なんて本当にあるのか?という事。

実際、親や兄弟に借りるお金には金利がかかりませんよね。
低金利というなら金融公庫や労金等があげられます。
また、友人に借りる場合や知人の借りる場合も金利をかけずに借りることが出来るでしょうし、場合によっては彼女に借りるなんていう人もいますよね。

ただ、親や兄弟以外は、やはり他人から借りるという事ですから、すぐに返せるあてがあり借りるには問題ないですが、返せるあてもないのに借りるのはちょっと困ります。
当然、そうなれば友人との関係もこじれ、知人との関係もこじれるので、金利なく借りるといっても親や兄弟以外から借りるというのは、やはりやめておく方が無難ではないでしょうか。

お金を借りるにあたり色々な方法がありますが、必ず利息である金利はつきものなので、その辺は十分に各融資商品を見極め借りる必要があります。

金利は現在貸金業者でも全て20.0%となり、以前の金利よりははるかに負担がないものですが、借りる先をよく見比べ検討せずに借入してしまうと、10万円に対する金利が片方は15.0%なのに、片方は18.0%となるケースもよくあるものです。

同じ金額を借りてもこれだけ金利が違えば返済の額も違い、減り方も違う。
更には返済総額も全く違ってきますので、お金を借入する場合は、金利をよく比較し検討しなくてはいけません。

金利は返済額に対し、たったの数百円の違いでもそれが支払総額となれば、当然大きな額になります。
ですから、お金を借りる時には、都合がいいとか、人気があるだけでなく金利の部分をよく比較して、より金利負担が無く利用出来るところで借りる事が大切なんです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ